前へ
次へ

小さな子供が熱を出したら医療機関へ連れて行こう

大人になれば多少の発熱程度では仕事を休まないのも一般的ですが、子供の場合は別なので十分注意しましょう。
とりわけ生後3カ月以内の乳児など、小さなお子様が熱を出した際は、速やかに医療機関へ連れて行ってください。
小さなお子様の発熱は、概ね細菌やウィルスといった病原体が侵入したことで発生する身体防御反応です。
そのほか、状況によっては熱中症や脱水症などを起こしている場合もありますが、いずれにせよ直ぐお医者さんに診てもらうのが大切です。
これは夜中や早朝であっても同様ですから、診療時間外の際は緊急外来などを設けている医療機関を探しましょう。
自治体によっては診療時間外も受診できる医療機関を案内しているため、行政サービスが利用できる時は電話で問い合わせてみてください。
ただし、熱と併せて嘔吐や意識障害なども起こしている状態ですと、髄膜炎や脳炎といった疑いもあるため、その場合は救急車を呼んだ方が良いと言えます。

Page Top